現地採用エンジニアの中国日記

中国の華南地区(深圳周辺)で、現地採用で働き始めたエンジニアです。これから中国で働く方の参考になりそうな情報や趣味の話を発信していきます!

漢詩 (唐詩) のピンイン付き動画は中国語初心者の勉強におススメな教材!!

スポンサーリンク

   f:id:zhenshux:20190907165159j:plain
中国生活を始めてから早1年が過ぎ、慣れてきたと言いたいところですが、言葉のギャップはまだまだ大きいです。

郊外に住んでいるためか、はっきりいって日本以上に英語も通じません。(会社の中の一部の人とだけ、英語で話します。後は英語も使う機会無し...)

やはり中国現地の会社で働く上で、買い物、食事、旅行といった生活も含めて一番重要なことは、中国語の習得です。

 

その中国語の学習過程で暗唱を取り入れている人は少なくないと思いますが、その題材に悩むこともあると思います。 

今回は特に初心者向けで、中国語の基本中の基本である漢字の意味と発音を、楽しみながら効率よく学ぶことができる題材を紹介します。

効率云々は私自身の経験に基づく主観的なものですが...

 

早速ですが、その方法とは中国文化の一つでもある漢詩 (唐詩) の暗唱です。(中国人も皆、小中学校で学習しています)

教材はピンイン付きの動画がネット上に無料で公開されています。

日本でも中学校や高校で少し漢詩を勉強するので、なんだか懐かしい感覚をもつ人もいるのではないかと思います。 

 

中国で漢詩の勉強を始めたきっかけは職場の中国人に勧められたことで、漢詩を学ぶことは実際に下記のメリットを感じています。(実際に20個ほど覚えました)

  1. 一つの漢詩を覚えることにより、15~25個程度の漢字の意味と発音が習得できる。(周りの中国人は、日常的に使う漢字は2,000個程度だろうと言っています。例えば漢詩を20個マスターすれば、その10~15%程度の漢字を補うことができます)
  2. 風景や心情がイメージしやすく、かつ発音のリズムが非常に良いため、通常の文章よりも格段に覚えやすい。(いろいろとぎゅっと濃縮されています。中国発音での押韻も耳に残ります。個人の好き好きもあるかもしれませんが、私は結構ハマりました)
  3. 中国人は皆、漢詩を学習しているため、話のネタになるし、発音をチェックしてもらえる。(私の知る限り、中国人は有名な詩はかなりの人が暗唱できるレベルで覚えています) ※上の教材の写真に0~3才と書かれていますが、天才児でない限り中国人でも無理でしょう。

なんてきれいごとを言ってしまいましたが、漢詩を暗唱したら中国語が上達するのかと言われれば、効果はよくわかりません...

漢詩だけ抜き出して効果を評価することは不可能ですから。

でもはっきり言って、普通の中国語のテキストなんかで勉強を始めたら、すぐに睡魔と格闘です。

 

私の場合、漢詩は単調な暗唱学習に刺激を与える (すぐに眠くならない) ことができていて、中国語の学習時間を稼ぐのに確実に役に立っています。(私は語学習得は触れた時間数に大きく依存するという考えを支持しています)

前回記事にした中国語の早口言葉も、いかに自分を飽きさせずに勉強を継続させられるかという考えの下、学習に取り入れています。

 

 

なので、中国語の学習で何か変化を取り入れたい方、興味が湧いた方は下記の「中国語で声にだして読みたい漢詩18選」を見てみて下さい!!

子供向けの教材から選び出しているので、比較的平易なものです。(一つ一つが短いので、スキマ時間にも勉強可能)

また、現在は漢詩 (唐詩) の動画やアプリもたくさんあり、学習しようと思えばいくらでも無料で教材は手に入ります。(私は中国の子供向けのピンイン付きものを探して使っています)

 

1000年以上の昔から廃れることなく現代まで残っている漢詩、そんな漢詩をいくつか覚えてみても絶対に損はしないはずです!! (というか覚えるまでいかなくとも、中国語音での漢詩を一度聞いてみるのも面白いかと...唐時代の発音と異なっていてもリズミカルです)

 

 

 中国語で声に出して読みたい漢詩18選

私が学んだ漢詩の中でYoutubeにピンイン表記付きでアップされている動画を選びました。(子供向けの動画ですが、中国で広く知られているものばかりです)

一つ目、二つ目には日本でもよく知られている「春暁」と「絶句」を挙げましたが、3つ目以降は私の気に入っている順です。

参考までに私が詩を暗唱しながらイメージしていた情景や心情の解釈も記載しました。

 


01 春晓 孟浩然: 春眠不觉晓...

全文:春眠不觉晓,处处闻啼鸟。夜来风雨声,花落知多少。

解釈:いつの間にか夜が明け、目が覚めたら鳥の鳴き声が聞こえていた。昨晩は雨が降り、風もあったけど、咲き乱れていた花はどれくらい落ちてしまったんだろうか?

 

 


02 绝句 杜甫: 两个黄鹂鸣翠柳...

全文:两个黄鹂鸣翠柳,一行白鹭上青天。窗含西岭千秋雪,门泊东吴万里船。

解釈:2羽のウグイスが青々とした柳に留まって鳴いていて、一列のシラサギは青空に向かって飛んでいる。窓から見える西峰の上には千年も溶けていない積雪があって、大門の外の川には遠くから来た呉の船が停泊している。

 

 


03 登鹤雀楼 王之涣: 白日依山尽...

全文:白日依山尽,黄河入海流。欲穷千里目,更上一层楼。

解釈:太陽が段々と山の向こうに沈んでいき、なだらかな黄河が海に向かって延々と流れている。千里離れた壮大な景色を見たいなら、さらに上の階に登らなければならない。

 

 


04 静夜思 李白: 床前明月光...

全文:床前明月光,欲是地上霜,举头望明月,低头思故乡。

解釈:明るい光が寝所の前を照らしていて、まるで白い霜のようだ。明るい月を見上げたが、遠い故郷を思い出さざるを得ず俯いてしまった。

 

 


05 早发白帝城 李白: 早辞白帝彩云间...

全文:早辞白帝彩云间,千里江陵一日还。两岸猿声啼不住,轻舟已过万重山。

解釈:朝に彩やかな雲の漂う白帝城に別れを告げて、一日で千里離れた江陵に帰った。川の両岸のサルの鳴き声はまだ耳に残っているが、自分の乗った小船は数千万の山を越えてきた。

 

 


06 望庐山瀑布 李白: 日照香炉生紫烟...

全文:日照香炉生紫烟,遥看瀑布挂前川。飞流直下三千尺,疑是银河落九天。

解釈:太陽に照らされて、廬山の香炉峰に紫煙が立ち上っている。滝を遠くから見ると大きな川が山の前にかかっているようだ。その激しい流れは三千尺の絶壁の上から下まで流れ落ちていて、まるで天上の一番高いところから、天の川が落ちてくるようだ。

 

 


07 游子吟 孟郊: 游子身上衣...

全文:游子身上衣,临行密密缝,意恐迟迟归。谁言寸草心,报得三春晖。

解釈:子供がもうすぐ遠出するので、優しい母が彼の服を一針一針縫っている。長い間帰ってこれないことを心配し、出発前にしっかりと縫っている。子供は道端の草のようで、春の陽光のような母の恩に報いることができるだろうか?

 

 


08 悯农之二 李绅: 春种一粒粟...

全文:春种一粒粟,秋收万颗子。四海无闲田,农夫犹饿死。

解釈:春に巻いた一粒の種から、秋には数万粒の穀物が収穫される。四海には荒廃した田畑はないが、農夫はいまだ飢え死にしている。

 

 


09 悯农 李绅: 锄禾日当午...

全文:锄禾日当午,汗滴禾下土。谁知盘中餐,粒粒皆辛苦。

解釈:日が強い昼、農夫は苗を植えるために土をかき起こしていて、額から大きな粒の汗が苗の下の土に滴り落ちている。我々の茶碗の中の食事は、一粒一粒が農夫の辛い仕事との引き換えでできているとは、誰が考えたことがあるだろうか?

 

 


10 寻隐者不遇 贾岛: 松下问童子...

全文:松下问童子,言师采药去。旨在此山中,云深不知处。

解釈:松の木の下で子供を見て、訪問しようとしている隠遁者の行方を尋ねた。子供は答えました。「先生は薬草を取りに行きました。この山奥にいますが、雲霧が立ち込めていて、先生がどこにいるのかわかりません。」

 

 

11 咏鹅 骆宾王: 鹅,鹅,鹅...

全文:曲项向天歌。白毛浮绿水,红掌拨清波。

解釈:ガチョウが首を曲げて空に向かって鳴いている。真っ白な羽が青々とした水面に浮かんでいて、赤い足の水掻きが清らかな水をかき回している。

 

 


12 鸟鸣涧 王维: 人闲桂花落...

全文:人闲桂花落,夜静春山空。月出惊山鸟,时鸣春涧中。

解釈:私はキンモクセイの花が枝から落ちるのをのんびりと見ていて、夜は静かで春の山はひっそりとしている。月が谷から昇って山鳥が驚かされ、時おり春の谷間で鳴いている。

 

 


13 山行 杜牧: 远上寒山石径斜...

全文:远上寒山石径斜,白云生处有人家。停车坐爱枫林晚,霜叶红于二月花。

解釈:曲がりくねった小道が寒山へと続いている。雲霧が漂う山中に何軒かの家がぼんやりと現れている。秋の夕刻の楓林の景色がとても好きだったので、車を停めて眺めている。霜を経た紅葉は2月の花よりもとても鮮やかである。

 

 


14 桥夜泊 张继: 月落乌啼霜满天...

全文:月落乌啼霜满天,江枫渔火对愁眠。姑苏城外寒山寺,夜半钟声到客船。

解釈:月が落ちてカラスがしきりに鳴いていて、夜の空いっぱいに冷たい霜が満ちている。川のほとりの楓の木と漁船の灯火に対して、私は憂いを抱いて船室に横になっている。夜半ごろ、苏州市外の寒山寺の鐘の音が自分の船まで響いてきた。

 

 


15 清明 杜牧: 清明时节雨纷纷...

全文:路上行人欲断魂,借问酒家何处有,牧童遥指杏花村。

解釈:清明節に小雨が降っていて、道を慌ただしく行き来している人たちの顔は皆、虚ろである。“どこにお酒を売っている店がありますか?” と尋ねたら、牧童は遠くの杏花村の方を指さした。

 

 


16 九月九日忆山东兄弟 王维: 独在异乡为异客...

全文:独在异乡为异客,每逢佳节倍思亲,遥知兄弟登高处,遍插茱萸少一人。

解釈:一人で異国に住んでいると、節句のたびにますます家族のことが恋しくなる。兄弟たちがゴシュユ (呉茱萸) を挿して山に登ったことに思いを馳せ、私一人がいなくなったことを遺憾に思っている。

 

 


17 赠汪伦 李白: 李白乘舟将欲行...

全文:李白乘舟将欲行,忽闻岸上踏歌声,桃花潭水深千尺,不及汪伦送我情。

解釈:李白は船に乗って遠出しようとすると、突然岸から踏歌を歌う声が聞こえてきた。桃花潭は千尺の深さがあるが、汪倫が私を見送ってくれた友情の深さには及ばない。

 

 


18 回乡偶书 贺知章: 少少离家老大回...

全文:少少离家老大回,乡音无改鬓毛衰,儿童相见不相识,笑问客何处来。

解釈:私は小さい時に故郷を離れ、老いてからやっと故郷に帰ってきた。私の故郷のなまりは変わりませんでしたが、両鬢の毛はまだらになりました。故郷の子供は私を知らないので、彼は笑いながら “あなたはどこから来たの?” と私に聞きました。

 

 

以上、ご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

下記の記事も中国語の発音練習についての記事です。よろしければどうぞ!

 

下記は中国語初心者におススメの学習アプリについての記事です。よろしければどうぞ!