現地採用エンジニアの中国日記

中国の華南地区(深圳周辺)で、現地採用で働き始めたエンジニアです。これから中国で働く方の参考になるような情報を発信をしていきます!

中国語初心者の勉強方法|独学において重要なこと

スポンサーリンク

f:id:zhenshux:20190413183549j:plain

去年の夏から中国企業の現地採用で働き始めていますが、やはり一番苦労しているのは中国語。

普段の仕事や生活において日本語を話す機会はほとんどなく、中国語を習得しないといろいろと大変な状況です。

 

というのは、職場には日本人が私一人で (今のところ他に外人の社員もいません)、日系企業や日本人を相手にするような仕事でもありませんし、さらに飲食店やスーパーなど、生活圏では英語もほぼ通じません...

日本と同じく、中国でも普段英語を使う必要ない人たちは、たとえ大卒であっても英語をあまり話せない人が多いです。(使う機会が無ければそうなりますね、普通は...)

 

そんなわけで中国語を習得せざる得ない環境に身をおいているのですが、今回は中国語初心者として、中国語の独学の勉強方法について、これまでに私なりに重要だと思ったこと、気付いたことを紹介します

今回の想定の読者としては、これから中国語の勉強を始める方や始めたばかりの方です。(私が初級レベルに毛が生えた程度ですので...)

ちなみに私は中国語の学習経験は中国で働くことが決まるまで一切無く、昨年から独学で中国語を学習しています。(現在、住んでいるところの近くに語学学校も無いので...)

 

 どうやって独学しているの?

まず、私の中国語の独学方法としては、基本的には下記の本を参考にしています。

HSK・中国語検定 最強の学習法

HSK・中国語検定 最強の学習法

 

この本のタイトルを見ると一見、HSKや中国語検定の対策本に見えるかもしれませんが、本当のところは実際に使える中国語力の習得を目標としていて、自分のレベルの指標として HSKや中国語検定を活用するという内容になっています。

学習の進め方は下記の通りで、まずは発音の基礎を学ぶところから始まります

  1. 発音の基礎固め
  2. 「読む・聞く・話す・書く」の総合力を鍛える
  3. 試験対策

今の私の段階としては、2の「読む・聞く・話す・書く」に取り組みながら、1の発音にちょくちょく戻っています。

実際に中国に来て、発音はやはり超重要だと感じています。

特に発音は独学で身に着けるのが特に難しく、実際に中国人と話してみてすぐに壁に当たるでしょう。

 

なぜかというと、自分の思っている以上に口の形舌の位置が中国語の発音に影響を与えているのですが、自分には違いがよくわからないからです。(中国人は聞き分けてきます)

しかし、壁に当たってから復讐して発音の本や動画を見ると、最初は頭に残らなかった口の形や舌の位置への注意が自ずと高まり、発音練習の効率がはるかに上がります。

これは発音が通じなかった理由を自分なりに考えながら取り組むようになるためです。

 

 よく使用している学習教材

ちなみに下記は私がよく勉強している動画で、カエルライフという教材のYouTubeに無料で公開されている部分です。

YouTubeのチャンネル登録者も3万人を超えていて、この手の学習動画としてはかなり人気です。

 


中国語発音・入門講座 #7 単母音(3) "ü" の発音

 

私はこのカエルライフの教材を気に入り、実際に2つほど購入してスマホにダウンロードして使っています。(オンライン/オフライン版の動画は下記の公式サイトから購入できます。AmazonでもDVD付書籍を購入できますが、レビューの確認程度に留めた方がよいでしょう)

 

公式サイト <<< 中国語学習の「カエルライフ」 (おススメ)

Amazonリンク<<<動画で身につく! 中国語入門 発音+文法

 

この動画を見てもわかるように、口の形や舌の位置が日本語とは異なる部分が多いですが、最初はこれがどの程度、発音に重要なのか動画をみてもよく理解できません。

しかし、実際に通じなかったり、中国人の口の動きを見てみることで、こういった動画の説明にあることが身に染みてわかってきます。

 

舌の位置なんかは中国人同士でも多少異なっていることもあり、教材間でも多少異なっていることもありました。(こういうのは厳密に正解はないかもしれません...その場合、私は言いやすい方を選択しています)

例えば、子音「z」や「c」の舌の位置について、紹文周の中国語発音完全マスターでは舌尖を上の歯の裏に当てるとありますが、動画で身につく! 中国語入門 発音+文法では舌尖を下の歯の上の部分に当てると説明されています。

 

 

(1) 紹文周の中国語発音完全マスター

f:id:zhenshux:20190430223112j:plain 

 

(2) 動画で身につく!中国語入門-発音+文法- (カエルライフ)

f:id:zhenshux:20190430223626j:plain

 

中国人の同僚たちには通じればどっちだっていいだろうとか、教材だって間違っていることもあるだろうと言われてしまいましたが...

ちなみに普通の中国人は発音の良し悪しは指摘できても、中国語の素人に発音の仕方を教えるのはうまくありませんので、こういった解説の付いた教材で学ぶ必要があります。

 

 とにかく実践が必要

そんなわけで実際に話して実践してみると、教材だけでは得られない気づきがたくさん得られます。

今回、私が言いたかったの特にこの部分で、独学といえど実際に会話というアウトプットの機会を作って実践すること、これが中国語の学習において特に重要なことです。(HSKや中国語検定も一つのアウトプットですが、本当に使える中国語を目指すのであれば、これらだけでは不十分だと思います)

そのためには、中国人の友人を見つけるでもいいし、お金を払ってマンツーマンレッスンでもいいと思います。(何とか実際に可能な方法を検討して下さい)

実際に自分の発音や口の動きを見てもらえる人を見つけることがとても重要です。

 

こうした中国語のアウトプットの機会を作ることで、普段の勉強でもなぜ通じなかったのかを考えるようになり、学習効率が上がっていくのを実感できるはずです。

アウトプットの結果が思わしくなかったら、原因を探して改善策をよく考えること、これが私の思う中国語の学習効率を高める最善の方法です。

 

また、アウトプットの機会を作ることに比べれば重要度は落ちますが、中国語に接する頻度・時間を増やすことも大変有効だと感じています。

私はスマホのアプリを使い、ちょくちょく隙間時間に中国語の勉強をしていますが、まとまった時間を確保して勉強するのに比べて、結局のところ、トータルではかなり勉強時間を増やせるようになりました。(できるだけ勉強時間自体を増やすことも意識しています。質より量という考え方もありますので...)

 

中国に来るちょっと前からスマホの学習アプリでは勉強を開始していて、以前に下記のような記事も書いています。

中国の就労ビザ取得するのにHSKのレベルを記載するところがあったので、慌てて下記で紹介しているスマホアプリの「HelloChinese」で中国語を勉強してHSKを受験しました。(このアプリだけでもしっかり勉強すれば、HSK3級レベルは余裕をもって合格できます)

 

 

無料で使えるスマホの学習アプリも多いので、ゲーム感覚で身近なところから少しずつ中国語に触れる機会を増やしていくのも大変有効な方法です。(いかに自分を飽きさせずに中国語の勉強に向かわせるかということは、常に意識しています)

 

 まとめ

それはさておき、私としては中国語学習の初心者に一番重要なのは、繰り返しになりますが、どうにかしてアウトプットの機会を作ること、つまり実際に話してみること、これに尽きます。

これから中国語を始める方や初級者の方でアウトプットの機会が無い方、ぜひ一度アウトプットの機会を作ることを検討してみて下さい。

 

以上、ご覧いただき、ありがとうございました!!

 

 

 下記は発音学習についての記事です。よろしければどうぞ!!

 下記は中国語初心者におススメのアプリの紹介記事です!!特に中国語学習を始めたばかりの人におススメのアプリです。

下記は中国語の意味や発音 (ピンイン) の調べ方についての記事です!!