現地採用エンジニアの中国ブログ

中国の華南地区(深圳周辺)で、現地採用で働き始めたエンジニアです。これから中国で働く方の参考になりそうな情報や趣味の話を発信していきます!

【実験】マキネッタでクレマをつくるのに、ロブスタ種は効果があるのか確かめてみた!【マニア向け】

深センの自家焙煎の喫茶店で飲んだエスプレッソ 今回の記事では、ロブスタ種 (ロブスタコーヒーノキ) のコーヒー豆でエスプレッソを淹れる際、その表面のクレマ (細かく乳化した泡) のつくりやすさ (安定性) を検証してみました。(マニア向けの話です) ロブ…

【中国語学習】HelloChinese完了!次におススメの中国語勉強アプリは?【無料にはこだわらない】

2018年から中国で働いていますが、それを機会に中国語の勉強を0から開始しました。(会社の日本人は私だけの環境です...) とりあえず近所に中国語の学校もないので、独学で勉強しています。 その際に初心者というかど素人の私にとって、一番取っ付きやすかっ…

【メンテナンス】TIMEMOREの手動コーヒーミルの普段の手入れ【補足事項】

今回はコーヒーミル関連の記事です。(この辺を検索して読んでくれる方は、本ブログとしては多いので...) これまでに下記の記事でTIMEMORE (タイムモア) 製の手動コーヒーミル (G1とC) を紹介させてもらいました。(実際に私が使用しているコーヒーミルです) …

【作業性向上】直火式エスプレッソメーカー "Kamira (カミラ)" のファンネル

今回は、先日、下記の記事で紹介させて直火式エスプレッソメーカーのKamira (カミラ) に関する記事です。 前回の記事のカミラをカッコいいと言ってくれる方もいらしたので、もう一度、写真を載せてしまいます... で、今回はこのカミラの何についての記事かと…

【VPN不要】中国でYahoo検索を簡単に使用する方法【2020年1月現在】

中国では、2018年頃からVPN接続しないとYahoo検索が使用できない状況が続いています。(Yahoo Japanのポータルサイトでの検索を指しています) また、頼りのVPN接続に関しては、昨年の秋以降、軽快に使えない日も増えてきた感じもあります。(接続し難かったり…

【手鍋焙煎2.0】片手鍋にも良し悪しがある!選択のポイントは?【コーヒーの自宅焙煎】

前回までに自宅用のコーヒー焙煎器具として片手鍋が一番!という記事を書きました。 その片手鍋も使っているうちに課題が見えてきたので、今回はその課題と解決方法について書きたいと思います。 結論を先に言いますと、前回の鍋の蓋部分はそのまま流用し、…

【保存版】中国語のややマニアックなコーヒー用語

2020年の1記事目になりますが、趣味のコーヒーと中国語の勉強を兼ねて、またまた中国語のコーヒー用語をまとめてみました。 今回は、前回よりもややマニアックなコーヒー用語を集めました。(下記は前回の記事) なお、ややマニアックなコーヒー用語なので、簡…

【中国で宿泊】中国には外国人が宿泊できないホテルがある!【ビジネスホテルは要注意】

先日、中国で働き始めてから初めて宿泊出張に行ってきたので、その時に気付いたことを記録がてら、記事にしておこうと思います。 宿泊出張といっても中国人の同僚二人との出張でして、まだ一人で出張なり長距離移動などはしたことがないです... (まだまだそ…

【手鍋焙煎】自宅用焙煎器具、コーヒー屋さんのおススメは蓋付き片手鍋だった!【灯台下暗し】

今回は下記の自宅用のコーヒー焙煎器具に関する記事の続きです。 今回は、前回から残された課題であった焙煎量のスケールアップについて一応の答えを見出したので、記事にしたいと思います。(下の方に前回のまとめを記載しました) 先に答えを言ってしまいま…

【ブログ運営】開設一年半、ついに50記事到達!ゆる~く、ゆる~く続けています!【累計80,000PV到達】

前回、ブログ運営を記事にしたのが昨年11月でして、たまには記録を残すためにもブログ運営を報告しようと思います。(アクセス数に寄与しないのは百も承知ですが...) まあ、しかし、非常にマイペースで続けているので、報告の形式にも困ってしまいます... と…

【Before手鍋焙煎】自宅用コーヒー焙煎器具の「煎り上手」と「手網」の違いを比較検証【レビュー】

左が煎り上手 (発明工房)、右が手網 (新越ワークス) 以前に下記のような自家焙煎に関する記事を書きました。 今回、はコーヒーの自家焙煎をこれから始めようとする人の多くが迷うのではないかと思われる焙煎器具についてのトピックです。 焙煎器具にはいくつ…

【どちらが模倣?】タイムモアSLIM vs ザッセンハウスBarista Pro【コーヒーミルの特許訴訟】

今回は、私が最近気に入っているコーヒー器具ブランド “タイムモア (TIMEMORE)" のトピックです。 といっても今回は製品レビューではなく、中国の新興企業であるタイムモアが自社コーヒーミル製品の盗作 (?) に憤り、150年の歴史を誇るドイツの老舗ザッセン…