現地採用エンジニアの中国ブログ

中国の華南地区(深圳周辺)で、現地採用で働き始めたエンジニアです。これから中国で働く方の参考になりそうな情報や趣味の話を発信していきます!

【手鍋焙煎2.0】片手鍋にも良し悪しがある!選択のポイントは?【コーヒーの自宅焙煎】

スポンサーリンク

f:id:zhenshux:20200105170517j:plain

前回までに自宅用のコーヒー焙煎器具として片手鍋が一番!という記事を書きました。

 

その片手鍋も使っているうちに課題が見えてきたので、今回はその課題と解決方法について書きたいと思います。

結論を先に言いますと、前回の鍋の蓋部分はそのまま流用し、鍋本体をアルミ製の底の薄い鍋に変えました。(鍋底サイズは同一の直径16㎝で、蓋無しで500円ほどでした...)

使い勝手は良好で、当分はこれに落ち着きそうです...

 

<目次>

 

前回の片手鍋の課題は?

検討した中ではトータルで考えて前回の片手鍋が一番良かったんですが、使っているうちに自分としてはまだ下記の2点で改善したいな~という気持ちが湧いてきました。

  • 軽量化         :もっと軽い鍋がいいかな?(現状は蓋込みで約1㎏の鍋)
  • 煎りムラ低減   :練習不足なのか鍋のせいなのか?

で、再度自分の鍋をよく見たときに、これらの課題と関係ありそうなのが鍋の底

f:id:zhenshux:20200105165429j:plain

 

写真を見てわかる通り、鍋底が厚いんです。(製品説明によると鍋底は3層構造)

この厚い底は保温効果を目的としたもので、本来の用途であるスープを作ったりミルクを温めたりするときに、それらが冷めにくいようにこのような設計になっています。

また、厚い底は熱容量が大きい、すなわち熱を蓄える量が多いということで、薄い底よりも温度が下がるのが遅い反面、火に掛けたときの温度上昇も遅くなります

 

というわけで、再度、タオバオをチェックして、今度は底の薄さにも着目して鍋を探してみました。

そして、選んだのがこれ!(ここまで真剣に鍋を選んだことは、今までの人生で経験がありません...)

f:id:zhenshux:20200106014030j:plain

 

選んだといっても単なるアルミ製の片手鍋ですが、送料込みで470円で入手できました。

日本だったらもう少し高くなるかもしれません...

そして、先に購入したステンンレス製鍋の蓋との相性もバッチリで、むしろガタツキが減って焙煎時に蓋が動く音がわずかになりました。

f:id:zhenshux:20200106015551j:plain

アルミ鍋の効果は?

まずは重量の変化を見てみましょう。

  • 軽量化 :1,010g → 620g (蓋:358g / 鍋本体:262g)

というわけで、約40%の軽量化となりました。

蓋の方が重くてバランスが悪いように見えますが、コーヒー豆を含めれば鍋本体の方が重くなるので、バランス的にも問題はありません。

 

次に焙煎の煎りムラですが、180gの焙煎でも煎りムラはかなり減りました

少しわかり難いかもしれませんが、下がその写真です。

f:id:zhenshux:20200106021817j:plain

 

1ハゼ前後から温度をコントロール ()するのが容易になった印象で、1ハゼから2ハゼにかけての時間を調整し易いようです。(中煎りなんかはやり易くなりました...)

※温度コントロールは蓋の開け閉めと火加減の調整で行います。

また、中深煎り程度まで煎っても、時間が経ってからのオイルの滲みが出しがかなり減ったように感じます。

というわけで、底の薄いアルミ鍋に変更したことにより、煎りムラが減り、1ハゼから2ハゼの時間調整 (温度調整) がし易くなった印象です。

さらに、煎りムラが減ることは焙煎量の増加にもつながります

 

また、下記のようアルミとステンレスでは熱伝導率が大きく、10倍程度も異なります。(アルミの方が10倍ほど熱を伝えやすいということ)

  • アルミ  :約230W/m・K
  • ステンレス:約20W/m・K

底の厚みの薄さに加えて、この素材としての熱の伝えやすさの違いが焙煎のコントロールのし易さに影響を与えているのかもしれません。(底厚のアルミ鍋を探せば熱伝導率の影響は検証できますが、そこまではやる気なしです...)

 

冷却の際に注意することは? (ドライヤーよりも重要なこと)

上記で焙煎量の増加に触れましたが、その際に注意した方が良いことがあります。

それは焙煎後の豆の冷却についてですが、ポイントとしては焙煎後、なるべく豆同士が重ならないようにすぐに広い容器に打ちあけることです。

狭い容器でドライヤーなんかを使うよりもよっぽど効果が高く、ジャラジャラと容器を振っているだけでもすぐに冷えていきます。(さらに団扇や雑誌で扇げば十分です)

 

参考までに、私の場合、下記のような目開きが5mm程度の篩に焙煎後の豆を打ちあけています。

f:id:zhenshux:20200106032235j:plain

 

左の篩が直径20㎝で、右が直径30㎝です。

だいたい焙煎量が100g以下のときは左側の篩を、それ以上のときは右側の篩を使用しています。

下記のように類似品はAmazonでも販売されています。ご参考までに... (ホームセンター等にもあると思います)

 

結論

底が薄いアルミ鍋は、底が厚いステンレス鍋よりもコーヒーの焙煎に向いているという検証結果となりました。(しかも底が薄いアルミ鍋の方が安い!)

今回、確認した底が薄いアルミ鍋のメリットとしては下記の通りです。

  • 煎りムラの減少 (その結果、焙煎量の増加)
  • 焙煎のコントロール性の向上 (特に1ハゼ以降の温度コントロール)

 

ここまで、真剣に鍋を検討したことは初めてでしたが、そこそこ納得のいく焙煎器具が得られたと思います。

コーヒーの鍋焙煎に興味を持たれた方の参考になれば幸いです!

 

以上、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

下記は本ブログのコーヒー関連の記事です。よろしければどうぞ!