現地採用エンジニアの中国日記

中国の華南地区(深圳周辺)で、現地採用で働き始めたエンジニアです。これから中国で働く方の参考になるような情報を発信をしていきます!

安藤製靴の革靴の紹介|その魅力を掘り下げる

スポンサーリンク

安藤製靴の革靴についての記事に訪問してくれる方が意外と多いので、これまでの記事を整理してみました。

これらは基本的には安藤製靴にすでに興味がある人を意識して書いた記事ですので、読む順番の指定は特にありません。

安藤製靴のユーザー、一ファンとして、もっと知りたいと思ったことや疑問、それらに対して自分で調べたこと、履いた感想などを書いています。

私なりにできるだけ、安藤製靴の魅力を掘り下げてみたいと思います。

興味がある方は、お好きなところから読んでください!

また、何かのきっかけでここを訪問し、少しでも安藤製靴に興味が湧いた方は、とりあえず最初の下記の記事だけでも読んでみて下さい!

 

 

1. 安藤製靴の革靴|中国でも気兼ねなく履ける堅牢な革靴

まずは革靴メーカーの安藤製靴と、かつてメインに履いていたその安藤製靴の革靴 (OR1OR2)を紹介。

また、OR1とOR2に使用している革素材であるクロムエクセルの手入れについても、自分で注意している点についてまとめました。

丈夫な靴なので、中国の田舎道でも使えるのではないかと持ってきましたが、結局はあまり履いてないですね...
ちなみに、現在、メインに履いている靴は同じく安藤製靴製のホットスタッフ。(この靴は後の記事で紹介します)

www.build-on-strength.work

 

2. ノルウェージャンウェルトとグッドイヤーウェルト製法の違い|安藤製靴の製法について調べてみた

安藤製靴を語る上で重要な要素の一つであるノルウェージャン製法。

そのノルウェージャン製法について、自分で調べたことをまとめました。

このブログの安藤製靴の関連記事で、一番アクセス数が多い記事です。

やはり、“ノルウェージャン製法って何なの?”と思う人が少なからずいるということがわかりました。

これは書いといてよかったです。

www.build-on-strength.work

 

3. 安藤製靴の革靴|革靴を分解して理解を深める

安藤製靴の革靴を実際に分解し、その構造を確かめてみました。

ここまで来るとかなりのマニアだと自覚。(分解当時はけっこう暇でしたが...) 

こんな検証はネットで探しても他に見つかりませんので、他のマニアにとっても貴重な情報です。(と個人的に思っています)

そして費用もかかったので、個人的にはこれが一番読んでもらいたい記事。

是非、読んでください!

www.build-on-strength.work

 

4. 安藤製靴の革靴|革靴のサイズ感

最近、ホットスタッフという靴を購入しました。

野暮ったい実用靴ですが、上の記事3で書きましたように構造からして安藤製靴の中で最も登山靴メーカーらしいタウンシューズだと思っています。

履き心地もとてもよく、現在、メインで履いている靴です。

久々に靴を買ったので、サイズに関する自分の考え方について書いてみました。

www.build-on-strength.work

 以上!