現地採用エンジニアの中国日記

中国の華南地区(深圳周辺)で、現地採用で働き始めたエンジニアです。これから中国で働く方の参考になるような情報を発信をしていきます!

革靴のサイズ感|安藤製靴の革靴

スポンサーリンク

f:id:zhenshux:20190113200219j:plain

 左:ホットスタッフ (26.0cm)、 右:シーホース (25.5cm)

 

昨年、安藤製靴ホットスタッフが廃盤になると知り、日本に帰国した際に急いで購入しました。

昔、安藤製靴にはホットスタッフとほとんど同じ木型を使って作られていたシーホースという靴も存在していましたが、実はこのシーホースも10年ほど前に購入して持っていました。(下がそのシーホースの写真です)

 

f:id:zhenshux:20190114212717j:plain   f:id:zhenshux:20190114212748j:plain

シーホース

 

私にとってこのシーホースという靴はとても履きやすく、その気になれば走ることも可能なくらいフィットしている靴ですが、製品としては既に廃盤。 (安藤製靴の店主に聞いた話では、これを作るのを得意としていた職人が辞められたのが理由とのこと)

そこで、このシーホースがもう少し傷んできたら (本当に頑丈で傷も付きにくいですが...)、ほとんど同じ木型を使っているホットスタッフをいつか購入しようと密かに目論んでいたところに、またもやこれも廃盤案内。

今回、購入に踏み切った次第です。

 

<目次>

 

はじめに

安藤製靴で靴を買うにあたり、実店舗で購入するか、ネット通販で購入するかを選択することになります。

ホットスタッフを購入するにあたり、シーホースでの経験からそのサイズ感は分かったつもりでいました。

しかし、シーホースの購入当時はキツ目を購入し、革が伸びて馴染んでくれるのに2〜3年を要した苦い経験が蘇ってきて、結局、錦糸町の実店舗に行くことに。

昔はキツ目の革靴を購入して、自分の足にフィットさせることになぜだか、憧れていたんですよね…

しかし、コイツの革はとても手強く、前に紹介した伸び易いクロムエクセルとは大違い。

なんとか勝ちましたが、長期戦でした。

そして、年を取り、再戦することには迷いが…

 

実店舗で試し履き

久しぶりに訪問した錦糸町の安藤製靴で、そのホットスタッフを試し履き。

比較のため、シーホース25.5cmを履いて行きました。

そこでホットスタッフ25.5cmを履いてみたところ、きつい...同じ木型にはとても思えず…

革は昔と同じくオイルドアッププルレザー。

履けないことはないけど…これが現在履いているシーホースと同じ感触になるとはとても思えず戦意喪失。(シーホースもかなり伸びていたんだと実感)

少し迷いましたが、結局、26.0cmのホットスタッフを購入しました。(下の写真は購入してから約3ヶ月後)

 

f:id:zhenshux:20190114213012j:plain  f:id:zhenshux:20190114213118j:plain

 

f:id:zhenshux:20190114213238j:plain   f:id:zhenshux:20190114213311j:plain

 ホットスタッフ (The 実用靴です)

 

サイズ感

というわけで、今履いている25.5cmのシーホースよりも一回り大きい、26.0cmのホットスタッフを購入しましたが、今のところ何の問題もなく、馴染んでいます。

シーホースを長時間履くときは、まだ小指の辺りが痛くなるので、薄手の靴下を履くようにしていましたが、このホットスタッフを履くときは靴下は何でも大丈夫です。

そればかりか、脱ぎ履きに差し支えないくらいに紐を緩めて履いても、踵が浮くようなこともほとんどありません。(履きはじめ、紐をきっちり縛ると足の甲が擦れて痛かったので、しばらく紐を緩めて履いていましたが、緩めたままでも普通に歩く分には別に何の問題無いことに気付きました)

思いがけず脱ぎ履きがとても楽ちんになったので、メインに履くようになってしまいました...

前に紹介したOR1やOR2では、このような履き方は私の足ではできません。

自分の足の形や歩き方と、ホットスタッフの靴の型や靴底の強度がけっこう合っていたのでしょうね。

シーホースのときに頑張って靴と格闘したのが、馬鹿みたいに思えています。

もうキツめの革靴を伸ばして自分の足に馴染ませるというようなことは、二度としないと思います。(無理はよくない)

ただし、2~3年後、革が伸びてユルユルなんて可能性ももしかしたらあるかもしません。

でも、そもそもキツめを履いていなければ、それほど革も伸びないのではないかという風に楽天的に今は考えています。(そのときは靴下を少し厚めにしたり、紐をきちんと結べばいいかと...きっとユルユルになるのはクロムエクセルだけだと...)

 

補足

安藤製靴の靴を既に履いている人は、他の靴のサイズ感が知りたいこともあると思います。(すべて木型が異なるので)

参考までに、私が持っている靴のサイズを挙げておきます。

OR1&OR2   :25.5cm

シーホース  :25.5cm

ホットスタッフ:26.0cm

ZII        :26.0cm

OR1 (クロムエクセル) は最初に25.5cmを買いましたが、ユルユルになってしまいオークションへ。

ただし、今履いているOR1&OR2 (クロムエクセル) は何年も履いているので、現在は靴下を厚めにして調整しています。

ZIIは最初に25.5cmを買いましたが、実際に履いてみると寸詰まり感が消えず、オークションへ。

個人的には失敗したと思ったら、頑張らずにさっさとオークションで売ってしまうのが正解なのではないかと思っています。

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

このブログの安藤製靴に関する記事は、下記のリンク先ページへまとめました。

www.build-on-strength.work